So-net無料ブログ作成
検索選択

おくやみ [映画]

http://news.so-net.ne.jp/article/detail/961151/
2014年 05月17日 05時23分
提供元:読売新聞

 「トラック野郎」など東映の娯楽シリーズをヒットさせた映画監督の
鈴木則文(すずき・のりぶみ)さんが15日、脳室内出血で死去した。
80歳。
 葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻、早苗さん。
 1954年、東映京都撮影所に入社。68年から「緋牡丹(ひぼたん)
博徒」シリーズの脚本を担当、「緋牡丹お竜」のキャラクターを生み出した。
 主演の菅原文太さんが愛川欽也さんとコンビを組んだ「トラック野郎」
シリーズ(75〜79年)は、長距離トラック運転手の珍道中を活写。
全10作品を監督し、派手に飾った大型トラック「デコトラ」が話題を呼んだ。
ほかに「伊賀野カバ丸」(83年)、「パンツの穴」(84年)など、様々な
ジャンルの娯楽映画を手がけた。
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 2

makimaki

訪問しました
by makimaki (2014-05-17 15:54) 

坪井

>makimakiさん
ご来訪ありがとうございます。
最近、映画を劇場で見ていません。
某社の株主優待券が持ち腐れです。
by 坪井 (2014-05-18 08:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0