So-net無料ブログ作成

映画 [映画]

「シン・ゴジラ」も「ゴーストバスターズ」言われても地元のシネコンが地震で再開未定なのです。宇城や他県までとはいきませんし。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おくやみ [映画]

http://news.so-net.ne.jp/article/detail/961151/
2014年 05月17日 05時23分
提供元:読売新聞

 「トラック野郎」など東映の娯楽シリーズをヒットさせた映画監督の
鈴木則文(すずき・のりぶみ)さんが15日、脳室内出血で死去した。
80歳。
 葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻、早苗さん。
 1954年、東映京都撮影所に入社。68年から「緋牡丹(ひぼたん)
博徒」シリーズの脚本を担当、「緋牡丹お竜」のキャラクターを生み出した。
 主演の菅原文太さんが愛川欽也さんとコンビを組んだ「トラック野郎」
シリーズ(75〜79年)は、長距離トラック運転手の珍道中を活写。
全10作品を監督し、派手に飾った大型トラック「デコトラ」が話題を呼んだ。
ほかに「伊賀野カバ丸」(83年)、「パンツの穴」(84年)など、様々な
ジャンルの娯楽映画を手がけた。
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日のどうでもいい話 [映画]

Gyao!で「女囚さそり」シリーズを配信しているそうだが、
伊藤俊也監督は実子の伊藤響とは「ルパン三世 くた
ばれ!ノストラダムス」で組んでいるんだな。
俊也が総監督・脚本、響がプロデューサー。

誘拐報道 [VHS]

誘拐報道 [VHS]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 1990/11/05
  • メディア: Videotape



女囚701号 さそり [DVD]

女囚701号 さそり [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「パクリ」と「オマージュ」は紙一重?~本文一応関係なし [映画]

映画「かぐや姫の物語」。
これはまんまじゃないかと誰も気づかなかったのか?
https://twitter.com/akiko_lawson/status/396803936289439744
最後は登場人物全員で「パパンがパン」かよ?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大東の本当のボスの言葉を借りれば「日本は甲子園を中心としたカップ戦の国」ということか?(本文関係なし) [映画]

地元紙に「わたしを語る」という日経の「私の履歴書」
にあたる連載記事がある。現在の連載は鬼平の酒井
こと俳優・勝野洋。
11月11日の紙面~この新聞は第二日曜日を休刊日と
してないため、翌月曜日も朝刊が発行される。組合が
新聞労連に加盟していないためと思われる~で子ども
のころに憧れた銀幕のスターを語っているのはよいが、
大友柳太朗を「割腹のいい美男子」はまずいだろう。
当然勝野洋には責任はなく、新聞社のミス。
翌12日紙面で、「恰幅のいい」でしたという訂正が出た
がひどすぎる。
大友柳太朗は、割腹ではないが、自殺なので、とても
気まずいものになってしまった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ぜいたくできるのは税率5%のうちだけ? [映画]

毎月一日は「映画の日」で木戸銭千円でいいのだが、
ここのところ気持ちが乗らないのか、いろいろなことに
かまけてか劇場まで行く縁がない。
某社の株主優待券も「宝の持ち腐れ」だ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チャンネルNECO [映画]

私は中の人の回し者ではないのですが、二月は『実録・連合赤軍 あさま山荘
への道程』と『突入せよ!「あさま山荘」事件』が放送されます。
前者の遠山への永田の仕打ち、あれ、自分の生涯にもあったから、嫌で壊れます。
反省の美名の下、自分を壊させる。ひょっとしたら、他の人の家・学校・会社でも
されていることかも。露骨なものからひっそりとしたものまで。
でも、あれで自分にそういう仕打ちをしてきた者らへの怒りは自覚できましたが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2013-01-06 [映画]

ハードディスクの肥やしと化した映画を少しずつ見ている。
『タクシー=ドライバー』(マーティン=スコセッシ監督、ロバート=デニーロ)。
主人公の苦悩とトンパチは日本人の理解を越えていないか。ベトナム帰りで
(おそらくはトラウマによる?)不眠症とか、当時の米国社会を知らないとわか
らないのかと思う。いいシャシンなんだが。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

諸君、おはよう。 [映画]

2013年も小倉百人一首の後鳥羽院のような不満を並べ続けな
がら、六道輪廻、いや、三悪道四悪趣をのたうち回るわけだが。
大つごもりにハードディスクに録画しておいた『クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』を見終わり、テレビに戻る
と、フィリップ=ベイリー・フィル=コリンズの『イージー=ラバー』
のビデオクリップが流れていた。俺は20世紀館に入りびたりに
なって、出られなくなりそうだ。もっともあの映画のスタッフとは
20世紀観は違うが。
見ていたのは『ベストヒットUSA』だが、番組スポンサーはグッド
イヤーに東芝・サントリー・太陽生命に吹く。
この番組はブリヂストンのイメージが20世紀的に強く、他は
どう考えてもレギュラーの『ラグビーウィークリー』のスポンサー
じゃないか。
俺の足の臭い程度では21世紀に戻れないぞ。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おくやみ [映画]

http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012101701002248.html

若松孝二監督が死去 暴力、政治テーマに映画
============================

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2011-10-16 [映画]

『ミッシング』(1982 米国・コスタ=ガウラス監督)と『暗黒街のふたり』
(1973 仏・ジョゼ=ジョヴァンニ監督)をまとめて見てしまい、やり切れ
なさに陰鬱になる。
日本だと教訓ものになって「お上にさからっちゃだめ」となるだろうが、
人間が人間として進んでいくことを否定し、傷を一生もの扱いにして
いいのか、とか、自由な考えを持ってはいけないのか、体制や社会の
狭量さに悲しくなってしまう。
ドロンのようにギャバン以外の理解者のなさ、警部(と遺族)や検察・
裁判官・陪審員らの「八百長」ぶりは誰にでも降りかかりうるケースに
思える。
ちなみに現在ではフランスでは死刑という刑罰はないらしい。


ミッシング [DVD]

ミッシング [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD



暗黒街のふたり ニューマスター版 [DVD]

暗黒街のふたり ニューマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: video maker(VC/DAS)(D)
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

本日は五月十三日金曜日友引 [映画]

諸星あたるの誕生日だったと思う←たしか、彼の場合は仏滅だったはずだ。
本日の日経朝刊。キングと武智幸徳氏の隔週コラムが金曜日の定番だが、
それに加えて交遊抄で鈴木則文監督。
不良感性の刺激になる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2011-05-09 [映画]

「吉田類の酒場放浪記」を見ていたら、TBSの募金事務局の案内コマーシャルが流れていたが、
呼びかけていたのが、映画『小さな恋のメロディ』で世界を「萌えさせた」トレイシー=ハイド。
五十台半ばのきれいなおばちゃんになってました。
昔はバレーシーンでマーク=レスター同様に顔赤らめたり、トロッコで一緒に逃げたい妄想持った
人間も多かったんでしょうな。というか、こういう番組見てる「酒場世代」はそういうのが多いか。
紹介された新世界のあの店は安い。行ってみたいぞ。

小さな恋のメロディ [DVD]

小さな恋のメロディ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ブリキの太鼓』 [映画]


ブリキの太鼓 (池澤夏樹=個人編集世界文学全集2)

ブリキの太鼓 (池澤夏樹=個人編集世界文学全集2)

  • 作者: ギュンター・グラス
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2010/05/14
  • メディア: 単行本



ブリキの太鼓 HDニューマスター版 [DVD]

ブリキの太鼓 HDニューマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD



俺は違う。これの主人公は体成長しないけど、意識は大人になる。俺はその逆。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

そんなことはないといわれたらそれまでだが。 [映画]

ヘンリー=マンシーニの「クルーゾー警部のテーマ」には笑いの裏にはどこか悲しみがある
という意識があり、物悲しさや哀れさを感じてしまいます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「泥棒成金」 [映画]

1955年。監督・アルフレッド=ヒッチコック。ケイリー=グラント・グレイス=ケリー。
序盤の会話で「モーターボートで南米に行く」という会話で吹いてしまう。
深作欣二監督、渡瀬恒彦・杉本美樹「暴走パニック 大激突」(1977年)のラストの
元ネタはこれだったのか!

泥棒成金 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

泥棒成金 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



暴走パニック 大激突 [DVD]

暴走パニック 大激突 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『続 荒野の用心棒』 [映画]

1966年=イタリア・スペイン、監督・セルジオ=コルブッチ、出演・フランコ=ネロ。

何度も見ている作品なんだが、いつもストーリーは忘れていて、「棺桶引きずり」と
「ガトリング機関銃」、「耳そぎ」しか覚えていない。インパクト残ればプログラムピク
チャーはいいのかも知れない。
クリント=イーストウッド作品とはあまり関係ないのに日本の配給元が「続」とした
のもツッコミ入れるのは野暮か。
スカパー!映画チャンネルのエース・シネフィルイマジカで放送中。


続 荒野の用心棒 [DVD]

続 荒野の用心棒 [DVD]

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD



以下余談。
あたしは地上波テレビ最近見ないので知らなかったのですが、富士フィルムの年賀状
CMでみゆきさんがうさぎの着ぐるみ被って「ぴょん!」と言ったのを見て、ショック受け
ました。仕事選べよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おくやみ [映画]

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101011/tnr1010111545012-n1.htm

 「青い山脈」など戦後を代表する映画で知られる俳優の池部良(いけべ・りょう)さんが
8日午後1時55分、敗血症のため、東京都内の病院で死去した。92歳だった。東京都
出身。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。

 昭和16年、立教大学文学部卒業後、東宝シナリオライター研究所研究生になった。
しかし、すぐに俳優へ転向し、同年7月に「闘魚」で映画デビュー。現役入営し、中国、
ニューギニアを転戦後、陸軍中尉として復員。軍隊生活のブランクを経て、24年「青い
山脈」、25年「暁の脱走」で主役を務めてスターとしての地位を確立した。

 27年の「現代人」、31年の「早春」、32年の「雪国」などで演技派としても認められ、
東映のやくざ路線へと幅を広げた。40年から47年にかけて9本続いた「昭和残侠伝」
シリーズでは、高倉健の演じる主人公の兄弟分・風間重吉役が当たり役になった。

 日本映画俳優協会理事長を務めたほか、エッセイストの才能も示し、「そよ風ときには
つむじ風」が平成3年の日本文芸大賞受賞。他に「池部良の男の手料理」「心残りは…」
など。月刊誌「正論」で「つきましては、女を」を連載した。父は洋画家の池部釣(ひとし)氏。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画館欲しい!上映会…八代 [映画]

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/news/20100912-OYT8T00176.htm

こういう地方都市では郊外大規模店舗と結びついた複合映画館ができてしまうと、
映画の客と買い物客をまとめて奪われてしまい、映画館も商店街も苦しくなるん
ですよね。
ここも国道で少し走ったところに大型店舗と複合映画館ができました。
しかし、読売新聞、「良識」ありますね。
>市内には映画館がなく、
駅前のこの小屋は映画館とは認められていないようです。
http://www.cinema-st.com/adalut/d015.html
なるほど、通常の小屋では「添え物」だった池玲子作品はメインだったのですね。
ヤコペッティもありか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『インビクタス―負けざる者たち』 [映画]

日本語公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/

「プロジェクトX」のような成功譚、あるいはスポ根ものというものは世界のどこでも
基本的ストーリー展開というものは変わらないようだ。
私がかつて「力道山物語 怒涛の男」(1955年 森永健次郎監督)「若ノ花物語 
土俵の鬼」(1956年 森永健次郎監督)「川上哲治物語 背番号16」(1957年 
滝沢英輔監督)「鉄腕投手 稲尾物語」(1959年 本多猪四郎監督)を一挙に見て、
ストーリー展開等がほとんど同じで内容が混乱した記憶がある。
二時間半近くの本作においてもストーリーはサクサク進む。
本作において象徴的なものはラグビーというスポーツが引きずる階級性だと思う。
ラグビーフットボールの出自がパブリックスクールにあるために上中流階級のものと
いうイメージが強い。
日本においても興行としてのラグビーは代表やトップリーグよりも「いい大学」の対抗戦を
売る、売りやすい傾向にあり、「いい学校を出て、いい会社で社会人として続けるもの」と
思われていないか~その象徴が早明戦だろう。
「興行としてのラグビー」はメディアのみならず、学校のコンテンツともなっていると思う。
南アフリカにおいてもこちらのフットボールは黒人、あちらのフットボールは白人のものと
いうイメージが強かったようだ。
政府内においても大統領は官僚らに政府内残留を説得したように(注)、それが新生国家
統合の象徴としてわかりやすいスポーツ、ラグビー代表にそれを求める。
当初懐疑的だった政府や代表メンバーも大統領の求めに応えていく。
こういう作品が公開されると、日本でもこうでなければという思い込みが強くなり、「2019年
のワールドカップ自国開催のために日本も一つに」と言い出す人も出てくるだろうが、新しい
国ができた当時の南アフリカと成熟していると思われる日本では社会が違いすぎる。
広告代理店がどれだけ売ってくれるかの問題になる。
また、スポーツを巡る環境も二十世紀末当時とは変わっており、純粋に一つになれるとは思え
ない。
この映画で特筆すべき点は話す英語に簡単な単語が多く、非ネイティブにも聞きとりやすいと
いうこととロムー役の俳優が結構似ている点だ。
余談だが、オールブラックスの強さを大統領がスポーツ大臣に尋ねたときに「日本を145-17で
下しました」と言ったときに(客は三人しかいなかったが)つい吹き出してしまった。
カジノゴルフ三昧の代表。ギネスブックに載るようなとんでもない記録を打ち立てた代表。
1990年代当初の南アフリカ代表以上に困った存在だったと思う。
『サンデー毎日』2010年3月14日号において佐高信がこの映画を礼賛していたのはいいが、
ほめていたのは当時の大統領マンデラ氏であって、イーストウッド監督には一言も触れて
いなかった。
監督の政治的思想信条ゆえだとすれば、せこいと思う。

(注)当然のことながら、「赦す」ことのみらず、たとえかつてひどい目に遭わせた官僚たちでも
有能ならば、自らの下で使うことはある。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『キャピタリズム マネーは踊る』 [映画]

日本語公式サイト。
http://www.capitalism.jp/

ムーア言うとおり、まず大事なのは個々の人間の人権が守られること~ムーアは
それを「民主主義」という言葉でまとめているけれども。ただし、現実の体制という
ものは民主主義の後にできた資本主義を守ることを優先して、市民生活を守って
いないということなんでしょう。
民主主義というのは王だの宗教だのに抑えつけられた人たちが行動を起こして、
名誉革命とかフランス革命や独立戦争さらには権利を守るために法を作って実現を
拡大させてきて、今後もいろいろと権利が解釈・実現されるもの。根本は変わりません。
それを資本主義の名においてないがしろにしてはいけないということでしょう。
ただ、ムーアが言うほど、欧州や日本も偉いとは思えません。
たしかにムーアが言うとおり、日本国の基本法である日本国憲法では労働者の団結権
や団体行動の権利は認められています(第二十八条)。
でも、それに対して支援や理解があるでしょうか。メディアは「お客様のため」の美名の
下に組合等を敵視し、煽るような報道をすることがあり、組合に理解が得られず、組合も
御用になりがちです。自分たちは「労働貴族」「社畜」のくせに。
さらに彼らの言い分についても「組合=アカ」視があり、理解されません。
会社が「大人の事情」で守られるのは日航だけではなく、九十年代の住専以降さまざま
なものがあり、解決のため税金が費やされます。私も新生銀行ユーザーなのであれこれ
言えませんが。
いかん、無知蒙昧なので、中学の公民からやり直すべきか。

本日は坪井君の誕生日。
ちなみに誕生日が同じ有名人は野際陽子・久保純子(二人とも元NHKのアナウンサー)や
前田日明・ギド=ブッフバルトらしいです。
http://www.youtube.com/watch?v=Puby0f-Ag5U
http://www.youtube.com/watch?v=6DOviWPRAN8
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

古雑誌より。 [映画]

実家に帰ってきて部屋を漁っていたら、雑誌『映画秘宝』2009年4月号が出てきまして、
東映「女番長」シリーズDVD化記念で鈴木則文・関本郁夫両監督のインタビューが掲載
されていました。
鈴木監督が興味深い話を一つ。
『女番長ゲリラ』上映会で観客の大学生が監督に「(作品中の)あの兄妹のいたところは、
同和地区ですよね」と聞いたらしいです。「わかるのか」と言ったら、「わかるんです。感じま
した」との答え。川べりに家が立ち並んでいる場所。鈴木監督は「京都でやる限りはね。
社会的視点で無理やりやるんじゃなくて、自然の流れで描きたかった。現実にいたんだから
ね。ことさら隠しも、強く入れようともしないけれど」との答え。
次のページに関本監督のインタビューがあったせいか、ふと思ったことがあったんです。
『スクール・ウォーズHERO』の間寛平親子も、実際のモデルの方はさておき、あの家の中を
見ると、そのように描いたのではないか、と思いました。あれはそういう環境のワルの成功譚
だったのでしょうか。
ちなみに西岸良平の『三丁目の夕日』の鈴木オートのご主人の名前はやはり監督から取った
ものだったそうです。

映画秘宝 2009年 04月号 [雑誌]

映画秘宝 2009年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2009/02/21
  • メディア: 雑誌



女番長ゲリラ [DVD]

女番長ゲリラ [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おくやみ [映画]

http://mainichi.jp/select/today/news/20090814k0000m040125000c.html

俳優業のほかテレビのバラエティー番組の司会者としても活躍した
山城新伍(やましろ・しんご、本名・渡辺安治=わたなべ・やすじ)さん
が12日、東京都内の特別養護老人ホームで亡くなった。
70歳だった。

 京都市出身。1957年、東映ニューフェースでデビューし、60年には
子供向けテレビドラマ「白馬童子」の主役で人気を得た。70年代には
東映のヤクザ映画「仁義なき戦い」シリーズに出演。75年、深夜の
大人向け番組「独占!男の時間」(東京12チャンネル=現・テレビ
東京)の司会を機にテレビのバラエティー番組に進出。「笑アップ歌謡
大作戦」(テレビ朝日系)、「アイ・アイ・ゲーム」(フジテレビ系)など
数多くの番組に司会や出演者として登場し、歯に衣(きぬ)着せない
毒舌とテンポのある話術で活躍した。

 最近は糖尿病を患ったことから、テレビ番組への出演はほとんど
なくなっていた。


文学賞殺人事件 大いなる助走 [DVD]

文学賞殺人事件 大いなる助走 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この映画は難しいよ。 [映画]

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=ent&aid=p-et-tp1-090720-0009


 時代劇映画史上最長の殺陣シーンが、復活する。63年公開の映画「十三人の刺客」
(工藤栄一監督)が47年ぶりにリメークされることになり、同名のタイトル(三池崇史監督)
で来年の公開が決まった。すでに今月5日に山形県内でクランクインしており、このほど
撮影現場が公開された。江戸末期、暴君ぶりを発揮する藩主を暗殺するため、13人の家臣
らが決死の作戦に出るというストーリー。主演の役所広司や山田孝之、松方弘樹ら豪華キャ
ストが勢ぞろいし、映画史に残る大乱闘のクライマックスを再現する。
 ロケ地の庄内映画村では、約2億円かけて宿場町を再現。13人が集合し、襲撃準備を
進めるシーンを公開した。役所は「オリジナルを見てました。チャンバラとか殺陣とか、熱気が
伝わる映画でした」と振り返った。02年「SABU~さぶ~」以来の時代劇映画に挑む三池監
督は「昔の映画は楽しそう。昔のような『祭』をしたい、というのが目的。そのためにリメークを
利用したい」と話した。
 「祭」を象徴するシーンが、終盤の大チャンバラだ。オリジナルでは、13人対53騎の人馬
による殺陣が、約30分続いた。新作では、敵の規模を200騎にパワーアップ。劣勢の13人が
切り込んでいく。役所は「人を切ったことがない人の戦い。それを迫力にしていきたい」と意欲的。
実際に、どれだけの時間をこの場面に割かれるかは決まっていないが、三池監督は「観客も少し
疲れるくらいの長さが必要だろうと思います」と長時間バトルを見据えている。最新技術も取り入
れた21世紀型の殺陣が、時代劇映画の新たな歴史を刻みそうだ。
- 日刊スポーツ [07/20(月) 09:54]
=======================================

アクション、斬り合いだけじゃない。
遂行のための計画組み立てのシーンにどれだけ頭使えるかが問題ですよね。
アクションだけに目がいってはいけません。

十三人の刺客 [DVD]

十三人の刺客 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おくやみ [映画]

http://www.nikkei.co.jp/news/okuyami/20090620AS1G2000Z20062009.html

映画監督の長谷部安春氏が死去

 長谷部 安春氏(はせべ・やすはる=映画監督)14日、肺炎のため死去、77歳。
告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、多嘉子さん。

 代表作に「野良猫ロック」「あぶない刑事」「相棒」など。映画やテレビのアクション
物を中心に活躍した。
===================================
日活の「野良猫ロック」は当時としてはクールでしたね。当時の新宿西口は何もなか
ったのは驚きです。「さそり」は、うーん、あれはあれでよかったけど、助監督の小平
裕氏にとってはいろいろ不満だったらしいですが。

野良猫ロック コンプリートDVD-BOX

野良猫ロック コンプリートDVD-BOX

  • 出版社/メーカー: 日活
  • メディア: DVD






コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『ドーベルマン刑事』 [映画]

1977年 東映京都。深作欣二監督。
実は内容に記憶がない。
原作コミックと同じなのは加納錠治の名前ぐらい。
千葉ちゃんが豚を連れて東京都心部を歩き回るのと、
室田日出男の「社会の悪を殺しまくる白バイ警官」
というどこかで見たようなキャラクターくらいか。

ドーベルマン刑事 [DVD]

ドーベルマン刑事 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『シャインアライト』 [映画]

公式サイト。文化果てる僻地に引きこもっているため、ようやく見ることが
できた。
http://www.shinealight-movie.jp/

ストーンズというのは自分にとっては「四十過ぎても番長」(梅宮辰夫)を
実践できている理想像であり、一時期の英語教師でもあり、いろいろと
思い入れはある。
音楽ものの映画はドルビーサラウンドで見ると音響がライブ会場のようで
迫力あるな。後ろから"Yeah,Yeah,Yeah,Hoo!"と聴こえるようだ。四畳半
一間でDVD見ているのとは違う。小屋でないと味わえない迫力だ。
クリントン米国元大統領の基金のチャリティーとは、二十世紀、「ライブエ
イド」以前を知るものにとっては信じられない。「一大ヒール」だったのに。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「トラック野郎 鈴木則文」 [映画]

『日本経済新聞』2009年2月21日付朝刊「交遊抄」。
同コーナーでは2008年8月20日付で澤井信一郎
監督が鈴木監督を紹介している。
ちょうど半年。「交遊抄」は「笑っていいとも」のテレ
フォンショッキングの性格もあるのか。
鈴木則文(『のりふみ』ではなく『のりぶみ』)の交遊
は当然文太兄ィだ。
新東宝から松竹を経て東映に移籍したばかりで、周
囲の評価も高くなかった文太は鈴木監督と文学青年
同士気が合って交流を深める。監督は当時の文太に
花を見出す。
『仁義なき戦い』シリーズ終了後、文太が『トラック野
郎』の企画を持ち込み、実行。監督は文太にコミカル
な演技ができるか心配したが、懐の深さに感心。
たしか、あのシリーズは桃次郎ではなくジョナサン(愛
川欽也)の持ち込み企画というのが通説だったと思う
が、まあいいか。
鈴木監督自身もB級ヤクザ映画や下品なギャグの人と
いう印象はあるが、基本はきちんとできている人。そう
でなければ加藤泰に見出されない。
人間、どこかで自分を評価してくれる人との出会いがあ
ればいいですね。

これが拙ブログの(表向き)千本目の記事になりました。

トラック野郎 御意見無用 [DVD]

トラック野郎 御意見無用 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

そら、人様から見たらおかしいかも知らん。ただ、俺は・・・。 [映画]



三月一日(映画の日で千円割引だけど)見に行きます。そこまではどうにか生きていたい。
http://www.shinealight-movie.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画